タグ:ウミウシ ( 11 ) タグの人気記事


2009年 08月 15日

夢見る妖精!



夢見る妖精!

またの名前をムーミン。



我分身、バレーボル県大会はベスト16で終わり、

三年生 最後の試合が終わりました。

試合後、皆 悔し涙で泣きました。

夢見る妖精のように、また新しい夢に向かって頑張って行って欲しい(^O^)/



f0079023_1857223.jpg




カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/3.2 1/125秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV
        CL×2枚



【ヒラミルミドリガイ】
【学名】 Elysia trisinuata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓上目 嚢舌目 ゴクラクミドリガイ科
【体長】 8mm
【撮影地】 静岡県 大瀬崎 一本松ビーチ 水深15.4m

【特徴】
体全体がミル色に同化している。これは体全体にミル由来の葉緑体の詰まった管が張り巡らされているからと考えられている。体全体と側足の外側には赤い細点が散在する。また側足には白い円錐状の小突起が散在する。触角の先端は黒か灰色。通常は側足に沿って3つの小孔があり、それがtrisinuataという種小名の由来である。10mmに達する。卵塊もミル上にあり、少し薄い白色で螺旋状に巻いている。

【生態】
分布は、佐渡島・伊豆半島以南、九州。

(「本州のウミウシ」より引用)








今週は台風と地震で大変な週でした。

私はその影響でダイビングはキャンセルで、仕事をしてました(-_-;)




今日は、平成21年(平成20醸造年度)全国新酒鑑評会で金賞を受賞した

千葉県の地酒で夢見る妖精になりたいと思います。

どんな夢が見られるか楽しみです(^O^)/



f0079023_18574897.jpg




【岩の井 山田錦40%大吟醸 金賞受賞酒 生酒】
■原料米:山田錦
■精米歩合:40%
■日本酒度:+4.0
■酸度:1.2
■アルコール度:17~18度
■蔵元:岩瀬酒造
[PR]

by bpkouza1 | 2009-08-15 19:10 | 大瀬崎
2009年 07月 26日

子ブタの女神!


海にも女神がいました!

ちょっと子ブタさんのような顔で、またそこがとても可愛い!!

明日から2日間、我分身、バレーボールの県大会が始まります。

戦いの女神、アテナ神と思って、勝利を祈ります(^O^)/



f0079023_1542732.jpg




カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/4.8 1/125秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV
        CL×2枚



【ムラサキウミコチョウ】
【学名】 Hypselodoris festiva
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓上目 頭楯目 ウミコチョウガイ科
【体長】 10mm
【撮影地】 静岡県 大瀬崎 一本松ビーチ 水深15.9m

【特徴】
体は紫色から薄紫色。内臓嚢の後部の突起は長く、その下に小さな突起があり、これらは連続しているように見える。この突起群は頭楯後端の突起は橙黄色。大きく広がる翼のような側足で優雅に泳ぐ。

【生態】
分布は、南日本・オーストラリア。
[PR]

by bpkouza1 | 2009-07-26 15:38 | 大瀬崎
2009年 06月 28日

望遠鏡をのぞくと!




夜空に向かって望遠鏡をのぞくと!

あれ?

そこはまた不思議な世界が広がっていました(^O^)/




f0079023_11144056.jpg





拡大してみると!

More!!
[PR]

by bpkouza1 | 2009-06-28 11:47 | 大瀬崎
2009年 06月 21日

再会!!


海の中でもニシキ君が再会!

私も皆と何十年ぶりかに再会しました(^O^)/



f0079023_1525112.jpg




カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/4.4 1/60秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV

【ニシキウミウシ】
【学名】 Ceratosoma trilobatum
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 裸鰓目 ドリーム亜目 イロウミウシ科
【体長】 13cm
【撮影地】 静岡県 大瀬崎 一本松ビーチ 水深15.1m

その再会とは?
[PR]

by bpkouza1 | 2009-06-21 15:36 | 大瀬崎
2009年 05月 16日

海の翡翠とお昼寝(-_-)zzz

海の中で、光輝く翡翠!

古代では、不老不死および生命の再生をもたらす力を持つと信じられていた翡翠!

神秘の輝きに魅了されてしまいます。



f0079023_1138534.jpg



カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/3.8 1/125秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV


【コノハミドリガイ】
【学名】 Elysia ornata
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 嚢舌目 ゴクラクミドリガイ科
【体長】 15~20mm
【撮影地】 静岡県 川奈ビーチ 水深9.2m
【撮影日】 2009.4.4

【特徴】
体地色は通常半透明の緑色だが、真っ白から黄色、濃い緑色まで変異に富む。側足の周縁は黒く縁どられ、その内側に黄色または橙色の色帯がある。黒い縁どりと黄色から橙の帯の間に白色の帯が入ることもある。触角の先端も側足周縁と同色になる。体全体に黒と白の細点が数多く散在している。

【生態】
カリブ海、インド・西太平洋の熱帯域に分布。
ハネモなどの緑藻を摂食する。




今日は朝から肌寒い一日ですね。

我相棒、ジークフリート(愛称:ジーク)は、私が昼食を終わってソファーに横になると





More
[PR]

by bpkouza1 | 2009-05-16 13:59 | 川奈
2009年 05月 09日

三ツ星

紫が恒星

巻き貝のギザギザは恒星からの光

そしてオリオン座の三ツ星のように光り輝くムラサキミノウミウシ!

f0079023_18383631.jpg



カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/6.8 1/125秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV
        CL×2枚

【ムラサキミノウミウシ】
【学名】 Antonietta janthina
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 裸鰓目 ミノウミウシ亜目 アオミノウミウシ科
【体長】 2~4mm
【撮影地】 静岡県 川奈ビーチ 水深10.9m
【撮影日】 2009.5.2

【特徴】
体は細長く、口触手は橙赤色で長く、触覚は朱色でやや短く、表面は平滑。消化腺は紫色から青色。刺胞嚢は淡黄色。前足隅は触手状。バテイラなどの巻き貝に着生するカイウミヒドラに着生し、摂食する。

【生態】
本州、九州に分布。

(「本州のウミウシ」から引用)



そして今日からのお酒は?

More
[PR]

by bpkouza1 | 2009-05-09 19:53 | 川奈
2009年 03月 28日

海の花見?

少し早めの花見?

海での花見を観賞してきました。

ちょっと大きめでゴツゴツしてますけで、所々にアクセントで綺麗な青白い斑点などあっておつな感じでした。


f0079023_21425569.jpg



カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/7.4 1/2000秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV

【ミヤコウミウシ】
【学名】 Dendrodoris denisoni (Angas,1864)
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 裸鰓目 ドリーム亜目 クロシタナシウミウシ科
【体長】 12cm
【撮影地】 静岡県 川奈ビーチ 水深9.8m
【撮影日】 2009.3.7

【特徴】
背面は黄灰色や黄褐色をした多くの突起でおおわれている。また暗紫色の菱形紋があり、青白色の眼紋もある。触角は黄褐色で、先端が白い。鰓は白色をおびた半透明で、褐色で縁どられる。

【生態】
インド・西太平洋熱帯域、温帯域に分布。




今日は土日の相棒とちょっと花見と洒落込みました。

相棒と桜を一緒に撮ろうとしまいたが、相棒はちょと気になるワンコがいてこちらに向いてくれませんでした。



f0079023_2222950.jpg





でも今日は天気も晴れたり曇ったりで、3月下旬としては冷たかった一日でした。

花冷えの日ですね。

先週の週末の予報では、桜の満開は今週末頃とのことでしたが、染井吉野はまだ一~二部咲きといったところでした。



f0079023_2211490.jpg





でも寒桜?はもう満開のようです。



f0079023_22114819.jpg





相棒も花見ができたので少し嬉しかったようです。
[PR]

by bpkouza1 | 2009-03-28 22:34 | 川奈
2008年 10月 11日

Marine photo 11月号のフォトコンに入賞しました♪



Marine photo 11月号のフォトコンに下記アヤトリカクレエビの写真で入賞しました♪

f0079023_15163947.jpg



これも皆様のご指導ご鞭撻によるものだと思っております。

この場をお借りしてお礼申し上げます。




これだけでは芸がないので、南の島で見たウミウシの写真を載せます。

ちょっとビロードの絨毯のようなに写っていて感触が良さそうです。


f0079023_15213144.jpg



カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/4.8 1/60秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV

【ミゾレウミウシ】
【学名】 Chromodoris willani Rudman,1982
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 裸鰓目 ドリーム亜目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 フィリピン セブ マクタン島 ヒルトガン 水深18.6m
【撮影日】 2008.8.12

【特徴】
背面は淡青色で、3本の黒色縦線が入るが、この縦線はしばしば途切れる。特に正中線上の黒色線は触角間と鰓直前にのみ残ることが多い。背面縁と腹足縁は白い。触角と鰓は淡色で、白色細点が密に散布していることから近似種とは容易に識別される。中深度の岩礁域、崖の壁面などで通年見られる普通種。50mmに達する。

【生態】
西太平洋熱帯域に分布。







入賞のお祝いということで、今日は純米大吟醸を呑むとしましょう♪

村祐 常盤ラベル 純米大吟醸 無濾過本生
f0079023_201924100.jpg



独特の上品な甘味が堪りません!

う~ん美味しい(^_^)/~
[PR]

by bpkouza1 | 2008-10-11 15:42 | セブ マクタン島
2007年 11月 17日

ああー触角が?

f0079023_13442595.jpg


カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/4.3 1/60秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV

f0079023_13454314.jpg

カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/4.3 1/60秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV

【クロスジウミウシ】
【学名】 Chromodoris burni
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 裸鰓目 ドリーム亜目 イロウミウシ科
【体長】 3cm
【撮影地】 静岡県 伊豆海洋公園 1.5の根 水深25.5m
【撮影日】 2007.9.20

【特徴】
背面は青白色で、背面の周縁と腹足縁は橙黄色の細い線で縁どられる。背面には多数の黒色縦線が並行して走っており、体側面も同じ色の縦線がある。触角は橙色であるが、本邦産は橙黄色であることが多い。触角柄は白色。鰓葉は白く、軸が橙黄色で、基部近くに黒い縦筋の入る個体も見れる。

【生態】
日本、オーストラリアに分布。

1.5の根の中層にいたクロスジウミウシです。
カメラを構えて、上下に浮き沈みながら撮りました。
写真で撮ってわかったのですが、触覚の一方がないのです。
可愛そうに!
魚の餌食になったのか?
はたまたダイバーが触ったのか?わかりませんが?
また触角が生えればいいのになあと思います。(^.^)
[PR]

by bpkouza1 | 2007-11-17 14:07 | 伊豆海洋公園
2007年 10月 27日

絡み合い?-ダンス

f0079023_1535174.jpg


カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        マニュアルモード F/5.0 1/60秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV

【サキシマミノウミウシ】
【学名】 Flabellina bicolor
【分類】 動物界 軟体動物門 腹足綱 異鰓亜綱 後鰓超目 裸鰓目 ミノウミウシ亜目 サキシマミノウミウシ科
【体長】 15mm
【撮影地】 静岡県 伊豆海洋公園 1.5の根 水深30m
【撮影日】 2007.9.20

【特徴】
体は白色または青色をおびた半透明。背面も白色の細点で」おおわれる個体も見られる。触角は白色から淡褐色。触角の上半分には褶葉があり、褶葉部の白色の個体は先端が赤く染まることが多い。背側突起は白色をおびた半透明から明瞭な白色で、先端近くに橙色の輪がある。この輪が途切れて2つの点になる個体も見られる。口触手は長大。前足隅は短い触手状で、先端は鈍い。伊豆では稀種だが、黒潮の影響を受ける海域では季節や環境を問わない普通種。

【生態】
伊豆半島以南、インド・西太平洋に分布。

この時はまだ中層で浮き沈みながらの撮影で、まだまだ中性浮力が安定してない状況が露呈した写真です。でもちょっと絡み合った光景が綺麗だったので撮影しました。
ワイドの風景の写真を撮った後だったのでストロボがサイドからでした。そのお陰で表面を際立たせるライティングに偶然なったのかな・・・?
サキシマミノウミウシの背側突起をサイドからのライティングによって丘と谷をかすめ、細かい複雑な陰影を作り出しているような感じなったのかもしれません・・・?
[PR]

by bpkouza1 | 2007-10-27 16:24 | 伊豆海洋公園