☆海と星☆

seaandstar.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 23日

忍者赤影

f0079023_927053.jpg



カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        絞り優先オート F/情報なし SS情報なし
        ISO 100 露出補正 情報なし


【ユカタハタ】 
【学名】 Cephalopholis miniata
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 ハタ科
【体長】 20cm
【撮影地】 モルディブ Biyadoo島 ハウスリーフ 水深15m
【撮影日】 2003.8.18 体験ダイビング


【特徴】
体の地色は橙色または赤色で、瞳孔よりやや小さい青色円形斑が多数ある。
成魚は体の後方が青黒い。
体の斑点は最初は見られず、成長とともに増加する。

【生態】
南日本、インド・太平洋域に分布。サンゴ礁域浅所に生息する。


最近、ある事情で潜りに行けない。
潜りに行けるのも何時のことやら 007.gif
水中写真のネタもなくなりどうしよう 008.gif
今まで撮った写真、HDの中を皿の目のようにして探しています。
今回探したのがこれ、撮った経緯は下記です。


モルディブの家族旅行に行く時に購入した水中カメラ、海の浅瀬で家族の写真を撮りつつ、体験ダイビングで持ち込み撮影できるか、島のダイビングショップに確認したところOKがでたので早速体験ダイビングを申し込みしました。
この時体験ダイビングは私一人だったので、ワンツーマンでご指導頂き本当に良かったです。
途中洞窟の入り口があり、とても真っ暗で怖くて、上がりたいのサインだしたら、落ち着いて落ち着いてのサインで冷静になり、無事体験ダイビングをすることができました。

ユカタハタ、岩壁に張り付いてこちらの動きをじーっと見ていました。
本人、息を潜めて隠れているつもりかも知れませんが、体が目立ち過ぎです。
やっぱり忍者は黒ですね。

初めての水中写真、何も考えずにただいるものを撮るだけが精一杯でしたのでご勘弁下さい。



この旅行の後、この水中カメラは数年間押入れの中へ終われ日の出は見ませんでした。
ご主人様がダイビングのライセンスを取るまでは・・・・。
[PR]

by bpkouza1 | 2008-02-23 10:05 | モルディブ
2008年 02月 16日

魚のお髭?

f0079023_1853346.jpg



カメラ      COOLPIX5000
ハウジング   SEA&SEA DX-5000
ストロボ    SEA&SEA YS-90AUTO 1灯
        絞り優先オート F/2.8 1/30秒
        ISO 100 露出補正 0.0EV


【ヒゲダイ】 
【学名】 Hapalogenys nigripinnis
【分類】 動物界 脊索動物門 硬骨魚綱 スズキ目 イサキ科
【体長】 70cm
【撮影地】 千葉県 西川名オーシャンパーク V字谷 水深19m
【撮影日】 2005.10.15

【特徴】
体高は高い。吻の上部外郭は反するように下方に湾入し、吻は尖る。下顎に房状の髭が密布することと、背鰭起部直前に前向棘のあるのが特徴。暗紫褐色の体側に幅広い暗黒色の弓状斜縦帯が2本ある。この縦帯は不明瞭な場合が多い。幼魚は全身黒褐色であるが、背鰭軟条部と臀鰭軟条部及び尾鰭が透明である。ヒゲダイには主上顎骨に鱗がないが、ヒゲソリダイにはある。この鱗と髭の有無で両者ははっきり区別できる。背鰭11棘17軟条、臀鰭3棘10軟条、側線鱗数45枚。

【生態】
沿岸岩礁や砂泥底に生息し、よく漁礁や沈船などをすみ家にする。食用魚。
伊豆半島以南の南日本、朝鮮半島南部、東シナ海に分布。沿岸の砂泥底、岩礁性魚。大陸棚の浅所にも生息。


だんだんネタもなくなり、ダイビングを始めた頃の写真です。
まだ何も分からずただシャッターをきっていた物です。
千葉の館山の外海、外房の海です。
ここは流れが速く、海底にポントへ行くために鎖は張り巡らされています。
実際流れが速いと鎖につかまりながら移動しないと不可能です。
この時も流れが速く、鎖につかまりながらV字谷へ移動しました。
V字谷へ行くと数十匹のヒゲダイが谷の壁つたいにへばりつくように泳いでいました。
流れが速いのでヒゲダイも現状維持で止まっているように泳いでいたのでどうにか写真撮ることができました。
私も鎖を抱えながらの撮影でした。
あまり上手くはありませんがお許し下さい。



[PR]

by bpkouza1 | 2008-02-16 20:05 | 西川名
2008年 02月 11日

地獄の泉

久々に赤坂に行きました。

ビルも建てられ、飲食店も入れ替わってだいぶ景色が変わったかなと思いました。

昼食時、同僚に誘われて、辛いの大丈夫と聞かれ、普通に大丈夫と答えました。

そうしたら裏路地に入ったとあるお店に連れて行かれました。

そのお店「希須林 赤坂 坦坦麺」がこれ ↓  


f0079023_15210100.jpg




お店の前に行くともう午後1時回っているのに、店内で3人、店外3人並んでいました。

待つこと15分ぐらいで座れました。

店に入ると、前のカンターが6名、後ろのカウンターが詰めて4名座れると言う感じで10名で一杯とういう店でした。

お店の中の雰囲気は ↓


f0079023_1531666.jpg




注文したのは、坦坦麺専門店であるこの店ご自慢の「希須林四川坦坦麺」、950円にしました。

ご飯も付いています。

「希須林四川坦坦麺」950円はこれ ↓


f0079023_1533937.jpg




辛さは1~5段階に選べ、ノーマルの辛さの3を選びました。

4、5になると相当辛いみたいです。

白いゴマのスープに赤い豆板醤が浮いています。

スープを飲む時、これを良く掻き混ぜて飲まないと、豆板醤の塊を飲むと噎せます。

お味は、ゴマが沢山入っていて、ゴマの風味が香り、ゴマの甘さが辛さの中にふんわりと感じられます。

麺にスープが良く絡むようになっていて、食べている時はあまり辛さを感じませんが、お汁から唇を離すと

後から辛さが伝わってきます。

食べたあとはちょっと汗を掻いて良い感じになります。

赤坂にお立ち寄りの際には、一度お試しあれ!
[PR]

by bpkouza1 | 2008-02-11 15:46 | グルメ
2008年 02月 03日

masayonextの写真展に行って来ました!!

masayonextの写真展に行って来ました。

場所は平塚のブラッスリー アッシュ×エム(BRASSERIE H×M)です。こじんまりとした清楚なお店でした。

f0079023_1319256.jpg



この時他のブロガーさんも集まり、masayonextさん個展祝いと新年会も兼ね昼間から宴会がはじまりました。

集まったブロガーさんは、masayonextさん、chizukatさんnob-ftsさんfrappucciさん、大阪から参加のmichiki618さんtoru-konishiさんと海と星です。

f0079023_13493184.jpg

f0079023_13502100.jpg


はじめはランチを食べながら後は追加料理とワインで盛り上がりました。

とても美味しかったです。

スープにはじまり、白ワイン、レバーペースト、赤ワイン、鳥料理、デザートと大変美味しくいただきました。

会話も大変弾み白ワイン、赤ワインも何本も飲み干しワイワイと過ごさせて頂きました。

メインの鳥料理も大変美味しかったです。

レバーペーストをつまみながらの白ワインも最高!!

デザートは栗のチーズケーキを食べましたが、これも絶妙のお味でとても堪能できました。

昼間からワインを相当飲んだので、皆さんにはあまり気付かれなかったと思いますが、当の本人は相当酔っていました。

f0079023_13514129.jpg
f0079023_13524236.jpg

f0079023_145653.jpg

f0079023_145372.jpg

f0079023_1455851.jpg

f0079023_1471187.jpg


お祝いと新年会で盛り上がって中、途中から八丈島のダイビングショップ「コンカラー」のオーナー夫妻がmasayonextさんの個展祝いに駆けつけてくれました。

f0079023_14234690.jpg



masayonextさんの写真は店内の壁に飾られていて、どの写真も素晴らしく、私などうっとりとしてしまいました。

私にとっては憧れの写真です。

f0079023_14493181.jpg


約午後5時頃、一次会は解散となり、masayonextさんとmichiki618さんは明日のダイビングのため伊豆海洋公園に向かいました。

今日、千葉は雪なので、伊豆の方の天気が心配です。

うまく天気も良く海況も良く潜れることを祈っております。

その後、chizukatさん、frappucciさんと私の3名は「Nautilus」の名前のハウジングで有名な「テール」に遊びに行き、リングストロボやNautilus NEO Canon EOS 40Dなどいろいろ見せてもらいいろいろ勉強させていただきました。

まだ先ですが、これからデジイチ購入しようとする者にとって有意義な時間でした。

改めてテールさんありがとうございました。

その後もう午後8時を回っていたので夕食を食べようということになり、関内の「魚人」 Tel045-212-2765 横浜市中区相生町5-86 第1ホームベースビルで夕食をとりました。

お刺身、焼き魚、魚の竜田揚げ、サラダ、雑炊のメニューをいただいてきました。

f0079023_144186.jpg

f0079023_14414991.jpg

f0079023_14421224.jpg


お刺身も金目、コチ、サヨリ等で、身がしっかりしてコリコリとして美味しかったです。

アジの塩焼きもた塩加減の風味が絶妙で、竜田揚げもお魚が肉厚でふっくらと揚がっていてとても美味しかったです。

frappucciさん良いお店に連れて行ってくださりありがとうございます。

本当に美味しかったです。

また今度連れて行って下さいね。

昨日は同じ趣味を持つ方々と会え、とても有意義な一日なりました。

また終電近くまで遊んで頂き本当にありがとうございました。

今度は皆さんと海でお会いできたらなあと思います。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

追伸
masayonextさん、本当はお祝いなどお持ちしなければいけなかったのに、逆にカレンダーなど頂き大変恐縮しております。

次回何かの時、埋め合わせをしたいと思います。

気配りの足りない者でごめんなさい!
[PR]

by bpkouza1 | 2008-02-03 14:58 | 会合